IMG_0025.jpg  

昨日は2週間ぶりの検診の日でした。

朝から久しぶりに早起き。だいたい9時半ごろには着いたのに、もう待合室は患者さんでいっぱい。

まずは、母子手帳を受付の看護士さんへ提出して、それから尿検査。その後名前を呼ばれるまで20分。

そして恐怖の体重測定。毎回この体重測定があるが為に、寒いのも我慢してかなりの薄着。

がーんそれでも1kg増...それから血圧検査。これが終わってしばらく待つ事20分。そしてようやく超音波検査。

またまた大きくなってました!体重2250g。元気に手足動かしてた

そのあと、さらに待つ事1時間。やっと先生と問診。本当に長い。

以前見てもらってた近所の産科だとせいぜい待っても、20分ぐらいで済んでたのに

まぁ、前に通ってた台大よりは随分マシなんだけど・・台大は平均待ち時間2~3時間だったような。

現在診てもらっている先生は、凄く人気らしく、午前中だけでもいつも60人強の予約が入ってるみたい。

その間、もしお産が始まれば、そっちにも呼ばれるし本当忙しそう。

やっぱり人気の先生だけあって、とっても穏やかで話しやすく信頼できる感じ。

しかし、台湾の医療費って本当にお安い!1回100元から200元ですよ。

前回実家に帰ってた時に日本の産科にもお世話になったのですが、1回4000円から6000円ぐらい掛かります。

もう、目玉飛び出ちゃいそうちなみに出産費用は自然分娩で45万前後、帝王切開だと60万って言われました。

今は自治体が出産準備金など出してくれる所もあるので、随分助かるとは思いますが、それを合わせてもやっぱり

もろもろ10万ぐらいは費用かかるのかな?

そんなお財布事情とやっぱり夫がいつでも傍にいてくれる方が安心できることもあり、実家の反対を押し切って

台湾で出産することに決めました。

医療水準だって日本とそんなに差を感じないし、夜遅くまで診てもらえるしね。

只一つこれだけは慣れない!って事は、私が問診を受けているときに、次の患者さんが

同じ部屋の私の傍で待ってるの!だから私がどんな状態なのか、何を言われてるのか

もう丸聞こえ状態。プライバシーなんてありません。う~ん、これだけはどおしても止めて

欲しいんだけどなぁ。でも、これを除けば結構満足かな

 

 

創作者介紹

千恵子的台湾生活

chichan84 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()